男性のクラミジアについて

クラミジアというと女性が感染する疾患という印象がありますが、男性もクラミジアに感染することはあります。
デリケートな部位が感染するため男女共に感染しても半数が自覚症状に気づかず、恥ずかしいという気持ちもあって病院を受診して治療することがない病気です。
パートナーがクラミジアに感染している場合は、1回の性行為でも移る可能性はあるため、症状がある場合には早めに医師に相談することが大切なことです。
男性がクラミジアに感染した場合、潜伏期間は当日~1週間で、感染して1~2週の間に尿道炎になります。
排尿時にしみたり痛みを感じる場合には尿道炎にかかっています。
膿は少ないか殆どない場合もありますが、透明から乳白色で、粘り気はありません。
1週間以上放置するとクラミジアが尿道の奥に入り、前立腺まで到達します。
病原菌が前立腺まで入ると治療薬が届きにくく治りにくくなります。
前立腺に入っても皮膚の神経はあまりないため自覚症状はありません。
前立腺炎を治療せず放置すると病原菌がさらに奥にある睾丸まで達し、睾丸周辺で激痛を感じたり高熱がでることもあります。
副睾丸炎は片方であれば不妊にはなりにくいのですが、両方に起こった場合は男性も不妊症になることがあるので、悪化しない早期の状態で治すことが良い選択です。
クラミジアの感染は性感染症の中でも女性が感染しやすく、感染しても自覚症状が出にくいため放置しやすいです。
男性との違いは女性は体内の奥の方で感染や炎症を起こすため危険度が高くなることです。
クラミジアに感染する一番の原因は、粘膜が触れ合う性行為です。
人が触れ合う場所で菌が最も生息しやすいのが粘膜で、感染する原因となるのは性行為が一番多いからです。
他にも尿や唾液でも感染はするため、咽頭クラミジア感染者と唾液を交えたキスをしても感染するリスクはあります。
感染者との性行為は避けるべきですが、感染していることがわからない場合はコンドームをつけて感染リスクを下げましょう。
クラミジアに感染していることに気づかないこともありますが、自然治癒では治すことが難しいため、病院で抗生物質の薬物療法を行います。
治療は飲み薬で行われます。
クラミジアのような感染症にはトリコモナスやカンジダ、梅毒などがあります。
感染に気付かないことも多いため男性も感染した可能性がある場合には早めに病院を受診することが感染を広げないためにも必要なことです。

男性と女性で症状の違う性病は多い

しかし必ずしも性病患者の方が、感染に気付いても早期に病院を受診するわけではありません。
男性女性共通の症状が出れば認識し易いわけですが、男性と女性で症状の特徴に違いのある性病が珍しくないのです。
そのような症状の違いが起きる原因には、男性と女性での解剖学的特性の違いと、潜伏期間の違いにあることが考えられるのです。
具体的事例としてクラミジアを取り上げて見ましょう。
男性では先ほど御紹介したように、1日-1週間の潜伏期間を経て尿道炎などが現れます。
これに対して女性では、2週間ほどの潜伏期間の後クラミジアは感染後子宮頸部に炎症を生じさせます。
しかし子宮頚管部には痛みを感じる神経が殆ど分布していないので無症状のまま経過することも珍しくないのです。
またカンジダは男女共に感染する可能性がありますが、女性の場合膣の常在菌として存在している側面があります。
そのため性交渉を介せずとも疲労や免疫力低下の原因となるガンなどの慢性病の結果、カンジダ膣炎などが起こることも珍しくありません。
これに対して男性ではカンジダに感染してもたいした症状が現れないことが間々、見受けられるのです。
特に女性に激しい自覚症状が現れることがあるのが、トリコモナス原虫症。
男性が発症するのは稀で、膣や外陰部に激しいかゆみや、泡立ちを持ち黄色身を帯びたオリモノなどに悩まされるのが特徴です。
そして早めの受診を妨げる理由として考えられるのは、自然治癒をしたと誤解している場合があることです。
特に梅毒では症状が出る時期と出ない時期を繰り返しながら、全身に広がっていきます。
その症状の退潮期に入っただけにも関わらず、自然治癒したと誤解し、早期の受診の機会を逸してしまうリスクがあるわけです。
クラミジアのように男女で症状が違うものや、梅毒のように自然治癒と誤解する性病も存在しています。
性生活のある方は、リスクヘッジの為にも性器のわずかな異変も軽視しない姿勢が求められます。

関連記事